月別アーカイブ: 2017年7月

「人形芸人 ドント&ノット」の紹介

「人形芸人 ドント&ノット」
まぼろしの深夜番組『バミリオン・プレジャー・ナイト』からスピンアウトした石橋義正監督の「オー!マイキー」に続く第2弾。監督・フナビキアキのオリジナルシリーズとして制作されたクレイアニメーション作品。
次々に登場するポップでキョーレツなキャラクターと、笑いあり涙ありそしてちょっとシュールな人形ドラマが見 どころ。

ドント&ノットの声を女性実力派漫才師海原やすよ・ともこが担当。その他のキャラクターにもバッファロー五郎の竹若元博、ケンドーコバヤシ、鈴木つかさ、麒麟の川島明、友近ほか、豪華声優陣を迎えた、世界初の芸能界を舞台にした手作り人形ファンタジー!!

この物語は、人間年齢で言う三十路間際の若手と言うには微妙な人形芸人ドント&ノットの二人が劇場、TVを
所狭しと駆け回り、夢と友情、そして恋に揺れながら、漫才に全力投球する。人形と人間を『笑い』で繋ぐ一大叙
事詩である。

声の出演は、ドント⇒海原やすよ、ノット⇒海原ともこ。実の姉妹による万次コンビならではの息の合った掛け合いもおもしろい。

クレイアニメーションとは
被写体を主に粘土を材料として作成されているもの。被写体となる粘土でできた造形物を、一コマごと撮影する。セルアニメやCGアニメと比べて、撮影に手間がかかる上に取り直しも簡単でない。