自分でできるムダ毛処理の方法:スプレーの特徴と使い方

最近セルフ脱毛でスプレーを利用する人が増えてきました。まだなじみのない人も多いので、失敗するかもしれないと躊躇してしまう人もいるようです。

実は脱毛スプレーはセルフ脱毛の中でも非常に効率に優れた方法です。その仕組みを知ってしまえば正しく利用することができますので、どのような作用によってムダ毛をなくしていくのかを把握することが大切です。

 

脱毛スプレーに含まれているチオグリコール酸カルシウムにはたんぱく質を溶かす作用があり、ムダ毛もたんぱく質でできていますので溶かして取り除くことができます。

この成分は除毛クリームにもよく含まれていていて副作用の心配がありません。たんぱく質を溶かすというと肌への影響が心配されますが、中にはチオグリコール酸カルシウムの濃度が低くなっていて肌に優しいタイプもあります。

また、ムダ毛のみに反応するように作られている商品もありますので、そういった商品を探すことができれば安心です。手っ取り早く肌に優しい商品を見分けるためには、敏感肌用と記されているものを見つけると良いようです。

 

主な成分としてはチオグリコール酸カルシウムですが、他にも保湿を行ったり潤いを与えたりと美肌作りに効果のある成分が含まれている商品もたくさんあります。

その場合は、ムダ毛をなくしながら肌のコンディションにも気を使うことができます。脱毛スプレーの多くは肌表面だけでなく毛根まできちんと浸透させることができますので、ムダ毛をしっかりと元から処理できます。

使っていくうちに徐々にムダ毛が細くなったり柔らかくなるという声もありますので、セルフ脱毛の中でもムダ毛の根本的な解決を図れる方法です。
使い方はとても簡単です。

ムダ毛を処理したい部分に直接スプレーして一定時間放置します。放置時間は規定の範囲を超えないようにしながら自分のムダ毛の状態を見て調節します。

そして時間がきたらヘラなどを使ってムダ毛と塗布した成分を取り除き、最後に水やぬるま湯でしっかりと洗い流します。除毛クリームと違ってまんべんなく吹きかけることができますので、仕上がりもとてもきれいです。

 

非常に使い勝手の良い方法であり、しっかりとムダ毛を無くすことができますので、最近注目されている処理方法です。

肌の弱い人はあらかじめパッチテストを行って安全性を確認してから本格的に使用することが重要であり、妊娠中や生理中の処理は控えた方が良いとされています。

ただ、スプレー脱毛は脱毛というよりかは一時的な除毛になります。なので完全にムダ毛を無くしたい場合は脱毛サロンやクリニックなどで脱毛処理してもらうのがいいでしょう。

私も脱毛サロンに通っているんですが、もう脇のムダ毛は伸びてくることもなく、綺麗になりましたよ。

ちなみに私が通っているサロンはこちらになります。⇒脱毛 奈良市(地元が奈良なんで。)

脱毛したいなって方は参考にしてください(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です